ZARA(ザラ)

読み : ザラ

ZARA(ザラ)の由来・意味

ZARAはスペイン・ガリシア地方発のファストファッションブランド。スペイン語では「サラ」と発音する。

「ZARA」というブランド名は映画『その男ゾルバ』が由来である。

創業者であるアマンシオ・オルテガ・ガオーナ(Amancio Ortega Gaona)は1963年に「GOA」という会社を立ち上げる。この社名は自身の名前の頭文字「AOG」を逆にしたもの。そして、1975年にスペインのコルーニャ市内に最初の店舗を構えることとなる。

その店舗の名前となったのが「ゾルバ(ZORBA)」で、これは1964年の映画『その男ゾルバ(Zorba the greek)』に登場する髭面のギリシャ人男性の名前。アマンシオはこの映画に感銘を受け店の名前にしたというわけだ。

しかし、店舗のすぐ近くに同じ「ゾルバ」という名前のバーがすでに存在していた。そのバー・ゾルバのオーナーが店にやってきて、「同じ名前だと混乱を招く」ということで改名せざるを得なくなってしまう。

そこでアマンシオは「ZORBA」というアルファベットから「Z」「A」「R」を用いて新たに『ZARA』という名前を思いつき、これを店の名前とした。つまり「ZARA」という言葉自体には意味はない

《こちらのネタもどうぞ》