ノマド(ワーカー)

読み : ノマド(ワーカー)

ノマドとは?

ノマドワーカーとは自宅やオフィスではなくカフェやファーストフード店などで働く人のことを指す。

特定のオフィスを持たずにノートパソコンやタブレットを用いて外で仕事働く仕事のスタイルをノマドという。
スマートフォンの性能が向上し、クラウド、オンラインストレージ、無線LANなどオフィスでなくとも仕事ができる環境がある現代特有の働き方。

ノマドの由来・意味

「ノマド(nomad)」は「遊牧民、放浪者」を意味する英単語。(フランス語の綴りはnomade)

特定のオフィスを持たないことから定住型の家を持たない遊牧民に例えられている。

ノマドとフリーランスの違いは?

ノマドとフリーランスとの違いの定義はあいまいだが、ノマドは働く場所を自由に変えて働くスタイル、

フリーランスは会社から独立して仕事をすることを指す。しかし、最近ではノマド=フリーランスとされることも多くなっている。

ノマドは特定のオフィスを持たない・特定の会社(組織)にしばられないという意味あいでも使われるため、大きな意味ではフリーランスもノマドのひとつと解釈されることもあり定義はあいまいになってきている。
個人的な見解だがノマドという新しい働き方ができたわけではなく、場所にとらわれない働き方をノマドと呼ぶようになったことから、働き方・生き方のスタイルを表す言葉ととらえると分かりやすい。

《こちらのネタもどうぞ》

マンガ・アニメ・音楽・ネット用語・なんJ語・芸名などの元ネタ、由来、意味、語源を解説しています。

Twitter→@tan_e_tan