初音ミク

読み : ハツネミク

初音ミクは音声合成ソフトウェアの名称およびイメージキャラクターの名前。
音楽制作ソフトの開発・販売をするクリプトン・フューチャー・メディアが2007年から発売している。

初音ミクの由来・意味

初音ミクには「まだ見ぬ未来から、初めての音がやって来る」という意味が込められている。
初めての音」=「初音」
未来」=「ミク」
「未来的なアイドル」というコンセプトの元、
これまで存在しなかったDTMソフト上のバーチャルアイドルという存在を確立した。

ヤマハの音声合成エンジン「VOCALOID」は、合成音声による自然なボーカルパートの作成を可能にしており、初音ミクには「VOCALOID2」が採用されている。
声にリアリティを与えるため、初音ミクというイメージキャラクターが設定されている。
音声は声優の藤田咲が担当。

初音ミクのデザインモデル/プロフィール

右腕の「01」という数字のタトゥーはボーカルシリーズの第1弾を意味している。
初音ミクのキャラクターデザインはヤマハのシンセサイザー・DX7がモデルになっている。

DX7

『初音ミク』
年齢・・・16歳
得意ジャンル・・・アイドルポップス/ダンス系ポップス
身長・・・158cm
得意な曲のテンポ・・・70~150BPM
体重・・・42kg
得意な音域・・・A3~E5

発売日が8月31日だったためこの日が誕生日だと考えられている。また、3月9日は「3(ミ)9(ク)」のゴロ合わせから「初音ミクの日」とされている。

VOCALOIDの由来・意味

VOCALOIDは「Vocal」と接尾辞の「-oid 」を組み合わせた造語
「-oid 」は「~のようなもの」という意味があり、
VOCALOIDは「ボーカルのようなもの」という意味を持つ。
初音ミクの公式ページでは「ボーカル・アンドロイド=VOCALOID(ボーカロイド)」と説明している。

「初音ミク・アペンド」は初音ミク専用の追加音源パック。
SWEET、SOFT、VIVID、DARK、LIGHT、SOLIDの6種類の音源を追加することができる。

→【第2弾】鏡音リン・レン
→【第3弾】巡音ルカ

《こちらのネタもどうぞ》

マンガ・アニメ・音楽・ネット用語・なんJ語・芸名などの元ネタ、由来、意味、語源を解説しています。

Twitter→@tan_e_tan