Official髭男dism

読み : オフィシャルヒゲダンディズム

Official髭男dismは日本の4人組ロックバンド。略して「ヒゲダン」
ボーカルの藤原と島根大学で同じ軽音楽部だったベースの楢崎とドラムの松浦、そこに藤原が学外のバンド活動で対バンし同じメタルバンド(Children Of Bodom)が好きだったことで意気投合したギターの小笠を加えた4人で2012年に結成された。

2015年にインディーズデビュー。2016年に上京すると2018年4月にフジテレビの月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」の主題歌に抜擢され『ノーダウト』でメジャーデビューを果たす。

Official髭男dismの由来・意味

この変わったバンド名「Official髭男dism」のオフィシャルページのプロフィールには「このバンド名には髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーでずっと続けて行きたいという意思が込められている。」といういかにもカッコイイ由来が書かれている。

だがその着想はバンドの練習スタジオに貼られていたポスターで、誰かもわからない海外のギタリストの髭がかっこよかったことから来ているそうな。

「そのギタリストの髭が超いい感じで。かっこよくてノリで決めちゃいました(笑)。髭が似合うような年齢になってもこの4人で楽しく音楽をやっていけたらいいなっていう思いも込めてます」
引用:https://www.barks.jp/news/?id=1000115216

「髭の似合うような歳になっても」という由来だが、そう名付けた当時はプロでという意味ではなく趣味でも良いのでバンドを長く続けられたらという思いだったようだ。

「長く続けたい気持ちは変わってないんですけど、当時はまだ音楽でプロになるつもりはなかったんですよね。僕はこのバンドを組んだときに、初めてきちんとボーカルを始めたんです。元々、“地元のナンバーワンぐらいまでは登り詰めようぜ!”みたいな、働きながら趣味でもバンドを楽しくやれたらいいじゃないっていう感じだったので」
引用:http://kansai.pia.co.jp/interview/music/2017-07/officialhigedandyism-report.html

2018年現在、誰一人として髭を生やしているメンバーはいない。

エスカパレード

『ノーダウト』リリースと同時に発売されたOfficial髭男dismのメジャー1stアルバム『エスカパレード(ESCAPARADE)

「エスカパレード」という言葉はバンドが考えた造語で、このアルバムの3曲目のタイトルであり「突飛な行動」「常軌を逸した行動」を意味する英語「ESCAPADE」から、バンドの”ESCAPDE”によって生まれた曲が列をなしているという意味で『エスカパレード』というタイトルが造られた。
https://www.uta-net.com/user/interview/1804_higedan/index2.html
エスカパレード 通常盤

《こちらのネタもどうぞ》