お前はトリコ?

読み : オマエハトリコ

「お前はトリコ?」は週刊少年ジャンプに連載されていた『トリコ』にまつわるフレーズ。
トリコを語る際はもちろん、マンガに関する誤植やコラあるいはインフレなどの話題になると頻出する。

お前はトリコ?の元ネタ

このフレーズはマンガ『トリコ』の登場人物であるココの台詞。

『トリコ』は美食がテーマのバトルマンガで、主人公のトリコがフルコースの完成を目指し様々な食材を探し求めるというストーリー。
ココというのはトリコと同じく食材を求める「美食屋四天王」の一人でトリコの友人でもある。

そんな二人がある食材探しのために久々に再会した際、トリコがココに対して「フルコースは完成したかい?」と問うシーン。これにココは「あと3つかな」「お前は トリコ?」と答え、そのコマにはココが目指すフルコースの食材とその捕獲レベルが書かれている。

お前はトリコ1

このシーンは『トリコ』第8話で単行本で言うと2巻に収録されており、作品のかなり序盤。ココはこの話で初登場、セリフも2つ目である。

まずこの「お前は トリコ?」という台詞。本来ならばココがトリコに対してフルコースの完成具合はどうなのかを聞き返しているわけだが、「トリコ」の後に疑問符「?」がついてしまっていることから、相手がトリコなのかどうかを聞いているかのように見えマヌケな台詞に感じてしまう。そのためネットでも散々ネタにされてしまっている。

中にはこの台詞のなにがおかしいのか理解できない、という人もいるようだが、本来の意味であれば「お前は?トリコ」とするべきところである。
ココが「お前は」を語尾を上げて発音していると想像すれば「お前は トリコ?」でも正しい意味で汲み取ることができそうではあるが、マンガではココの発音は伝わってこないため、やはり「お前は?」とするのがベターではないかと思われる。

コラなのではと疑われることもあるが、実際にジャンプ本誌掲載時も単行本でもこのまま掲載されていた。しかしその後ネットで話題になったからなのかは定かではないが最新の版の単行本や電子版では「お前は?トリコ」と修正されている。修正されたということはあえてこういうセリフにしているのではなく、誤植だったのか、あるいは修正前でも伝わると判断していたのだろう。

またこのコマにはココのセリフとは別にもう一つの側面がある。
左に記されているココのフルコースメニューであるが、これがショボすぎるという問題。

捕獲レベル」というのはそれぞれの素材の捕獲難易度を示しており、レベルが高いほど手に入れるのが難しいことを意味している。
前述のとおりこのシーンは物語の序盤第8話であり、この時点ではこの捕獲レベルというのは非常に高く、ココのフルコースがハイレベルなメニューであることを示しているのだが、この後物語が進むにつれて捕獲レベルはどんどんと上昇していき、過度のインフレによって最終的には捕獲レベル53万というものが登場することとなる。

この53万の食材に関しては最後にちょろっとフリーザの戦闘力とかけたギャグとして出てくるものなのでネタ的な存在だが、それでも物語終盤では捕獲レベル数千〜数万の食材が当たり前に登場するようになっているため、ココのフルコースに使われている捕獲レベル12〜30というのはあまりにもショボイと思われてしまうのも仕方がないというわけ。

このことからこれは『トリコ』というマンガのインフレ具合を表す1コマとしても扱われている。

《こちらのネタもどうぞ》