いっぱいちゅき

読み : イッパイチュキ

「いっぱいちゅき」は、「いっぱい好き」という意味。言葉の通り好きな気持ちを表現するために使われるが、煽りに使われる用語でもある。

いっぱいちゅきの元ネタ

「いっぱいちゅき」の元ネタは、大川ぶくぶ原作の4コママンガ『ポプテピピック』。ファーストシーズンにあたる『ポプテピピック【1】』の「10」に登場するセリフ。

ピピ美が唐突に「私は神だ」と名乗り、「知りたいことを何でも教えよう」とポプ子に語りかける。それを聞いたポプ子は「私のことどれくらい好きか教えて?」と質問。それに対してピピ美は頬を赤らめながら「いっぱいちゅき♡」と答えた。

原作のシーン→[1-10] ポプテピピック【1】

シーズン3では回想シーンとして「いっぱいちゅき」が登場する。この回は、ポプ子がピピ美に「いっぱいちゅき」のシーンが好きであることを伝える話。4コマ中3回も「いっぱいちゅき」の回想シーンが貼られている。

再登場シーン→ポプテピピック シーズン3【3】

アニメ版では第1話にて「いっぱいちゅき」のシーンが描かれた。

前半パートではピピ美の声を大塚芳忠が担当していため、ダンディなボイスで「いっぱいちゅき」のセリフが放たれた。一方、後半パートではピピ美の声を日高のり子が担当しているため、かわいいバージョンの「いっぱいちゅき」が聞ける。

《こちらのネタもどうぞ》