エンカ

読み : エンカ

エンカとは – 意味

エンカとは、「エンカウント(Encount)」の略である。「エンカウント」はRPGなどのゲームで敵と遭遇することを意味する用語であるが、「遭遇する」「(偶然)出会う」を意味する「エンカウンター(Encounter)」が由来の和製英語

エンカは「遭遇する」という意味の通り、誰かとばったり会った、偶然会ったという意味で使う。

ゲーム用語では敵と遭遇するという意味であるが、現実で使う場合は必ずしも敵対している相手や嫌いな相手と出会うという意味は含まれない。嫌な相手に会った時にエンカと表現する場合もあるが、会って嬉しい相手と遭遇した時もエンカを使う。ゲーム以外では後者の意味で使われることが多い。

もちろんゲーム用語としてエンカと略して使われることもある。RPGなどのゲームでは敵と遭遇したという意味になるが、ソシャゲのガチャで欲しいキャラが出た時にエンカと使うこともあるようだ。

エンカの本来の意味は「偶然出会う」であるが、「オフ会でエンカしましょう」など約束した上で出会う時にもエンカが使われている。厳密には偶然性のない出会いはエンカウンター=遭遇することではないが、いずれにしても「会う」という意味で解釈しておけばよいだろう。

エンカの使用例:

・芸能人とエンカした
・コミケで憧れのレイヤーさんとエンカした
・フォロワーさんとエンカした
・新宿あたりをうろついてるのでエンカした時は声かけてくださいね
・エンカした時はよろしくです
・電車の中で中学時代の同級生とエンカした
・嚥下に苦戦している演歌歌手にエンカした

《こちらのネタもどうぞ》