バファローブル・バファローベル

読み : バファローブル・バファローベル

バファローブルとバファローベルはオリックスバファローズのマスコットキャラクター。
ブルが兄でベルが妹。
ファローではなく正しくはバファロー。

バファローブル・バファローベル

画像:Wikipediaより

バファローブルとバファローベルはマッドサイエンティストの「八カセ」が動物のバッファローとオリックスを掛け合わせて作った架空の生き物で、時空を超える牛型ロボット
京セラドーム大阪の地下資材庫にある「オリックス・バファローズ研究開発室」で彼らは生まれた(という設定)

※「八カセ」の正式名は「3・4・5・6・7八カセ」。
八は「漢数字の八」で読み方は「はかせ」。

バファローブルの由来・意味

ブルは強く勇敢な「雄牛(Bull)」という意味があり、
バファローブルの目の色の「ブルー」ともかけている。
オリックスファンを「ブルブルと身震いさせるぐらい熱く闘い勝利するという意味も込められている。

バファローベルの由来・意味

ベル(Bell)は「勝利の鐘(Bell)を鳴らす勝利の女神」という意味があり、
綴りが異なるがフランス語で「美しい、かわいい」を意味する「Belle」ともかけている。
かわいさと美しさを兼ね備えた勝利を呼び込む女神という意味が込められている。

球団のマスコットキャラクターの中でもバファローベルは特に人気がある。
写真集まで出すほどの人気っぷりで、
ネットでは「ベルたそ」と呼ばれている。
他球団のマスコットからセクハラを受けるほどのかわいさ。