カジサック

読み : カジサック

カジサックは吉本興業所属のお笑い芸人、キングコングの梶原雄太Youtuberとして使用している名前。

2018年10月1日にYoutuberとしてデビュー。2019年末までの登録者数が100万人を突破しなかった場合は「芸人を引退する」と宣言している。

カジサック

https://twitter.com/kinkonkajiwara

カジサックの由来・意味

「カジサック」という名前は「梶原」から来ているのは間違いないが、その由来はかつて出演していたコント番組『はねるのトびら』で演じていたコントのキャラクター名だと思われる。

はねるのトびらの番組初期、2001年6月の第8回放送。まだ深夜放送だったこの回の1度だけ演じられたショートコントが『カジサック君』というものであった。

梶原扮するタイからの留学生「カジサック」君。ホームステイ先の山本(ロバート)が不良役の堤下(インパルス)馬場(ロバート)に絡まれているところにムエタイの格好で助けに来るが、試合前の舞だけを披露して戦わずに帰ってしまう、というものだった。

カジサック君

なお、その後このコント『カジサック君』は1度も放送されていないようで、一回限りのキャラクターだったようだ。

本人から「カジサック」の由来が明らかにされていないのでこの「カジサック君」が由来であるかどうかは定かではないが、動画の中ではねるのトびら時代のコーナー「ギリギリッス」を復活させたりなどしているところを見ると、はねるのトびら時代への意識は強いのではないかと思われる。

もともとのコント『カジサック君』の方の由来はというと、放送された同じ年の2001年3月に元ムエタイ選手・ポンサクレックがボクシングのWBC世界フライ級チャンピオンになっているので、ポンサクレックを意識してのカジサックだったのではないだろうか。

カジサックのイントネーション

「カジサック」の読み方にはこだわりがあるようで、「JASRAC」や「NASDAQ」のようなイントネーションではなく「指サック」のようなイントネーションだという。

動画で本人の説明をご覧いただくのがわかりやすい。

《こちらのネタもどうぞ》