オアシズ

読み : オアシズ

オアシズとは

オアシズは、人力舎所属の女性お笑いコンビ。光浦靖子大久保佳代子の二人で1992年に結成された。

フジテレビの番組『とぶくすり』、および後の『めちゃモテ』『めちゃイケ』のレギュラーとして光浦が活躍する一方、OLとして働いていた大久保。1999年のめちゃイケの企画で芸能界復帰し、コンビ活動を再開以降は、大久保も女芸人の代表的な存在となるまでに活躍している。

オアシズのコンビ名の由来

「オアシズ」というコンビ名は、「東京オアシス」という先輩コンビの名前が由来となっている。

二人は大学時代、早稲田大学のお笑いサークル「早稲田寄席演芸研究会」に所属していた(光浦は東京外国語大学、大久保は千葉大学)。そのサークルの先輩に「東京オアシス」というコンビがおり、とあるネタ見せに合格した際に思いついたのがそのコンビ名だったという。

丸パクリはさすがにまずいということで、”東京”を消し濁点を入れ「シ」を「C」にして「オアCズ」というコンビ名に。その後現在の表記「オアシズ」へと変更した。

上記の由来を説明するのが面倒だということで、ロックバンド「Oasis(オアシス)」のファンだからオアシスだと説明していたこともあるそうで、以前はそれがWikipediaなどでコンビ名の由来とされていた。ただ、光浦は実際にoasisのファンなのだそうだ。
参考:光浦靖子さんが語る大久保佳代子さんへの愛?

「Oasis」のバンド名の由来もぜひどうぞ

早稲田のお笑いサークルに入った理由

なぜ東京外国語大学と千葉大学に通っていた二人が、早稲田大学のお笑いサークルに入ったのか?

小学校から高校まで同じという幼馴染だった二人、しかし別々の大学に進学したことを期にその仲に亀裂が入りそうになる。大久保が彼氏を作るために千葉大学のスカッシュサークルに入り「ヤッちゃん(光浦)とはもう遊ばない」と宣言したのである。

これに焦った光浦は、なんとか大久保と一緒に遊ぶため、以前から大久保がお笑いを好きだと言っていたことから早稲田のお笑いサークルを探し、一緒にそのサークルに入ろうと誘ったのだという。
参考:光浦靖子&大久保佳代子「オアシズ」相方に媚を売った過去、相方の男を奪った過去など岡村靖幸と対談-exiteニュース

《こちらのネタもどうぞ》

マンガ・アニメ・音楽・ネット用語・なんJ語・芸名などの元ネタ、由来、意味、語源を解説しています。

Twitter→@tan_e_tan