CoCo壱番屋

読み : ココイチバンヤ

CoCo壱番屋は日本のカレー専門店チェーン。「ココイチ」の愛称で親しまれる。
1974年に名古屋に開業した喫茶店「バッカス」で出していたカレーが好評だったため1978年にカレー専門店を創業した。正式な店名は「カレーハウスCoCo壱番屋」であり、運営しているのは「株式会社壱番屋」である。

CoCo壱番屋の由来

店名は「カレーならここが一番だ」という思いから、その言葉を関西弁にした「ココ一番や!」=「CoCo壱番屋」が由来となっている。「ココ」を「CoCo」と英語にしたのは若い人にも受け入れてもらえるように、という思いから。
一号店や本社は愛知県にあり、なぜ関西弁なのかというのは気になるが、創業者の宗次徳二は石川県生まれで、生後まもなく兵庫県尼崎市の孤児院に預けれたというところからきているのかもしれない。

カレーハウスCoCo壱番屋 今日も元気だ! カレーがうまい!!