かまぼこの日

読み : カマボコノヒ

かまぼこの日は毎年11月15日の記念日
かまぼこ協会では全国でさまざまなイベントを行なっているらしい、が、見たことはない。

かまぼこの日の由来

平安時代の書物に、関白右大臣の祝宴の膳に「蒲鉾」が出されたことが残っており、これが文献として残る最古のかまぼこである。そしてこれが永久3年、西暦にすると1115年であったことから、昭和58年に全国蒲鉾水産加工共同組合連合会がこれにちなんで11月15日をかまぼこの日と制定した。また、11月15日は七五三であり、そのお祝いとして縁起の良い紅白のかまぼこが出されることにもちなんでいる。