インフルエンサー

読み : インフルエンサー

インフルエンサーとは – 意味

インフルエンサーとは、「影響力を持つ人」を意味する。「Influence(インフルエンス:影響、感化)」を語源とする言葉。

有名人や有名ブロガー、特定分野の専門家など、インターネット上で多くの消費者の購買意思決定に影響を与える人をインフルエンサーと呼ぶ。
多くのフォロワーを持つ有名人や有名ブロガーがTwitterやインスタグラムなどのSNSで商品を紹介すると、投稿を見たフォロワーが影響を受け、商品の売上に影響する。
ブログやSNSに限らず、テレビや雑誌などのメディアを通してインフルエンサーが紹介した商品は、売上に影響を与える。

たとえば、ファッションモデルの益若つばさは若い世代の女性に強い影響力を持っており、彼女が着用する洋服うやアクセサリーはすぐに完売する。
有名人に限らず、Twitterやインスタグラムで多くのフォロワーを持つインフルエンサーの影響力は非常に大きい。
インスタグラムは写真をメインとするSNSであるため、インフルエンサーと相性が良いといえる。

ちなみに、「インフルエンザ(Influenza)」はイタリア語で「影響」を意味する語。
「インフルエンザ」という読みは英語読みで、イタリア語で発音するなら「インフルエンツァ」となる。
「Pizza(ピザ)」の本来の読みが「ピッツァ」であるのと同じである。

インフルエンサー・マーケティング

インフルエンサーはマーケティング用語のひとつで、強い影響力を持つインフルエンサーに商品を紹介してもらうため、企業からアプローチすることをインフルエンサー・マーケティングと呼ぶ。
インフルエンサーに商品を紹介してもらうと売上増が期待できる反面、宣伝や広告であることを隠して商品を紹介するとステルス・マーケティングとなり、炎上してしまう。
そうなると逆効果になってしまうので、インフルエンサー・マーケティングを行うときは、宣伝である旨を消費者に伝えるべきである。