バズる

読み : バズル

「バズる」は「バズ」に「~する」をくっつけた造語で、「バズ」には2つの使われ方がある。

ひとつはネット上で流行している話題、単語などを指す場合。

もうひとつは口コミを利用したマーケティング手法「バズ・マーケティング」において、TwitterやFacebookなどのSNSを利用したソーシャルメディアマーケティングを表現する場合。
カタカナで「バズる」、またはひらがなで「ばずる」と表記する。

「バズる」の使い方

Twitterでは「ばずった」「ばずってる」といった使われ方をする。

たとえば、Twitterで『バルス』というキーワードが話題になっていれば「バルスがばずってる」といったように使う。
話題になっている」「流行している」という意味でとらえると分かりやすい。
※「バルス」は『天空の城ラピュタ』の作中で使われる「閉じよ」を意味する滅びの呪文。

マーケティングにおいての「バズる」は、SNSを介して口コミで話題になることを指す。
バズるコンテンツ」といった使い方をし、「バズる」には「情報があっという間に広がる」という意味が含まれている。「バズ」が起こることでサイトのアクセス数が上がり、商品やサービスの購買、ブランド認知向上につながる。

TwitterやFacebookなどのSNSが持つ口コミの力を用い、コンテンツがネット上で拡散されることを狙う。フォロワーの多い影響力の強いユーザーにアプローチしたり、はてなブックマークのホッテントリ入りを狙うなど、コンテンツが拡散されやすいツールを用いることで「バズ」を起こす。
※はてなブックマーク(通称:はてブ)はソーシャルブックマークサービスで、ホッテントリは、はてブで現在話題になっている人気記事のこと。

コンテンツのバズにはSEOという手法が関係しているが、はてブの集め方を含め、説明すると長くなるので、詳しくはこちらの記事を参照↓
SEO対策でやるべきことはたった4つだけ!アップデートで単純明快になった【2016年最新版、随時更新】

※SEOは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略で、Googleなどの検索エンジンで検索した際、サイトや記事を上位表示させるための施策のこと。
検索結果の1ページ目と2ページ目ではクリックされる数が大きく違い、1ページ目の中でも1番目とそれ以降でもクリック数に違いが生じる。
1ページ目の1番目にサイトや記事が表示されればアクセス数が増え、バズる可能性が高くなる。

いいね! がもらえる SNSでバズるテク

「バズる」の意味・由来

「バズる」の由来は英語の「Buzz」というマーケティング用語。「Buzz」には「ハチがぶんぶんと飛び回る音」「ひとつの場所に集まって噂話でざわざわする」といった意味がある。
「ぶんぶん」と耳障りなほど耳にする、人が噂話にするほど話題になっていることから転じて、
話題になっていること」や「口コミで広まっていること」という意味で使用される。口コミを利用した「バズ・マーケティング」手法を用いる際、「~する」をくっつけて「バズる」といった使われ方をするようになった。

マーケティングとは関係なくTwitterで特定の単語が話題となる「バズ」は、buzztter(バズッター)が由来。buzztterはTwitterでつぶやかれて現在話題になっている言葉をピックアップするbotを利用したサイト。ピックアップされる言葉はbuzztterで取り上げられるほど話題になっている言葉であるため、Twitter内で話題になっている単語を指す際に「バズる」が使われるようになった。こちらの「バズる」はひらがなで「ばずる」と表記されることが多い。

しかし、buzztter自体の由来がマーケティング用語の「Buzz」であると思われるため、いずれにしても語源は「Buzz」というマーケティング用語であると推測される。

buzztter

バズを英語ではなんと表現する?

ここまで解説したように、「Buzz(バズ)」はもともとは「噂話でざわざわする」という意味の単語だが、日本では「流行している」「拡散される」という意味で使われている。

英語には「流行」や「拡散」にあたる言葉に「Virus(バイラル)」がある。
「Virus」は日本語読みで「ウイルス」と読まれる単語で、「ウイルス性の」という意味を持つ。

「Virus(バイラル)」は感染性が高いことを意味する英語であることから、マーケティングでは「(SNSで)口コミで急速に広がる」という意味でも使われる。
ネットにおける口コミの拡散力を利用したマーケティング手法を「バイラルマーケティング」、それを行う媒体のことを「バイラルメディア」と呼ぶ。

日本語の「バズる」に近い意味として「go viral(ゴー・バイラル)」という表現がある。
「go viral」は「流行する」「(口コミで急速に)拡散する」という意味で使われる。

「バズマーケティング」も「バイラルマーケティング」もネットの拡散力を利用したマーケティング手法であるという点で共通している。

もうひとつの「BUZZる」

実は、「バズる」にはもうひとつの使われ方がある。
『サイヴァリア』というアーケード/プレステ2のシューティングゲーム(2000年発売)にて、「BUZZる」という言葉が使われている。

『サイヴァリア』には敵弾や敵キャラクターに自機をかすらせるとパワーアップができる「BUZZシステム」をプレイヤーは「BUZZ(バズ)」、もしくは「BUZZる(バズる)」と呼んでいる。
「BUZZ」には「火花」という意味があり、曲技飛行用語で「地面スレスレを飛ぶ」という意味もある。
先の「バズる」はこのゲームが元ネタとする説があるが、『サイヴァリア』における「BUZZる」には「口コミ」や「話題」といった意味はない。