(語彙力)

読み : ゴイリョク

語彙力の意味

語彙(ごい)とは、「ある範囲の語の総体」という意味。特定の言語や分野、作品などで使われる単語の集合体のこと。

語彙力(ごいりょく)とは、単語の知識量とそれを使いこなす能力を意味する。つまり、「どれだけ多くの言葉を知っているか」を示す能力のこと。

言葉をたくさん知っている人を「語彙力が高い」、言葉の引き出しが少ない人を「語彙力が低い」というように表現する。語彙力は能力を示す言葉であるため、「語彙力が豊富」「語彙力が多い/少ない」は正しい使い方ではない。

大人の語彙力ノート

ネットで使われる(語彙力)の意味

Twitterなどで、(語彙力)と括弧付きで使われることがある。
たとえば、「たのしー!すごーい!(語彙力)」といったように。

これはネット用語のひとつで、「語彙力がない」という意味で使われる。詳細に伝えるだけの語彙力がない、言葉のボキャブラリーがないことを自虐的に表現するときに使う。

また、形容する言葉が思いつかないくらいスゴイ、という意味でも使われる。あえて多くを語らず、文末に(語彙力)を添えることでスゴさを伝えるという手法。

(語彙力)には、以下のようなバリエーションがある。いずれの表現も、語彙力がないことを示していることがわかる。

(語彙力無)
(語彙力の死)
(語彙力消失)
(語彙力の低下)
(語彙力の欠落)

(語彙力)の使用例
なにがヤバイって、ヤバイとしか言えないくらいヤバイ(語彙力)
え?マジですごいんだけど?これマジ?(語彙力)
うああああ!かわいい!天使!(語彙力)
たとえるならアレみたい、ほれあの、わかるだろ?(語彙力)

Twitterでの(語彙力)の使用例

《こちらのネタもどうぞ》

マンガ・アニメ・音楽・ネット用語・なんJ語・芸名などの元ネタ、由来、意味、語源を解説しています。

Twitter→@tan_e_tan