AKB48

読み : エーケービーフォーティエイト

AKB48は秋元康プロデュースによる女性アイドルグループ。
「会いに行けるアイドル」をコンセプトにし、
秋葉原にあるホームグラウンドのAKB48劇場ではほとんど毎日を公演を行なっている。
シングルに参加するメンバーを決めるため選抜総選挙を行なっている。
シングルCDの購入者、ファンクラブ会員の投票により、
選抜メンバーが選ばれる。

SKE48SDN48NMB48HKT48といったAKB48の姉妹グループ、
元刑事・警察官のおじさま方によるOJS48もある。

AKB48の由来・意味

“AKB”は「秋葉原(AKIHABARA)の略。
“48”ははメンバーの人数ではなく、
秋元康によると「48という数字に意味はなく商品番号」とのこと。
AKB48がこれから先もずっと存在し活動し続けるために、
特定の個人やグループ名としての名前ではなく、
無機質な数字とアルファベットの組み合わせの名前であることが望ましいという理由により、
AKB48という名前が生まれたそう。

基本的には意味はありません。
AKBは東京がTYOと書かれるように、秋葉原(アキバ)の頭文字を取った。
48は芝(シバ=48)さんというスタッフがいたからとか諸説あるが、ぼくの中のイメージでは商品番号。
それはお菓子でも車でも、できるだけ無機質でなければなりません。
そうすることで、AKB48がメンバーの夢を乗せたある種の学校、システムというのを意味しようとしたんです。
「この人がAKBです」というのであればそれで終わりですが、AKB48は未来永劫(えいごう)続いていく。
そうなると、できるだけ無機質で数字とアルファベットの組み合わせがいいということで、名前はできました。

産経ニュース「秋元康が語るAKB48への思い」より引用。

AKB48結成当初のメンバーは24名で、
当初は一軍24名二軍24名の合計48名で活動する予定であったが、
現在メンバーは100名ほど在籍している。