レペゼン

読み : レペゼン

レペゼンとは – 意味

「レペゼン」とは、ヒップホップ用語で「◯◯を代表する」という意味である。
「〜からやってきたぜ」という意味でも使われる。

この◯◯には出身である地元の名前が入る。
たとえば埼玉出身なら「レペゼン埼玉」、大阪出身なら「レペゼン大阪」といったように使う。
「Yo、俺はレペゼン大阪」と言われたら、「大阪を代表してやってきたぜ」という意味で捉える。
「レペゼン」はフリースタイルのラップバトルでよく使われる言葉で、地元代表であることを相手に示す時などに使う。

元々の英語は「代表する」を意味する「Represent(レプリゼント)」で、略す&訛らせて「レペゼン」と発音している。
本来の英語の発音ではない和製発音である。ネイティブのラッパーに言っても通用しないので注意。

日常生活でレペゼンは使えない

初対面の人に「どこ出身ですか?」と聞かれた時、「レペゼン◯◯です」と返すと相手に怪訝な顔をされることは間違いない。
「レペゼン大阪」と答えたとしたら、「(え?レペゼン大阪?マンションの名前…?)」と思われる可能性大。
そもそもレペゼンは「〜代表する」という意味なので、出身地を聞かれて「レペゼン◯◯です」と答えるのは不適切である。

相手がヒップホップ好きなら通用する可能性はあるが、ヒップホップに詳しくない人はレペゼンという言葉は知らないだろう。
そもそも和製発音の英語だから知らないと何を意味するか分からない。