Anotherなら死んでた

読み : アナザーナラシンデタ

「Anotherなら死んでた」はニコニコ動画などでよく使われる言葉
なんでもないような出来事に対して使用される

Anotherなら死んでたの意味・元ネタ

まず『Another』というのは綾辻行人の小説、およびそれを原作としてアニメ作品のことである。Anotherはホラー・ミステリー小説であり簡単に言えば呪い的なものによってどんどん人が死んでいくという物語。

そういうわけで登場人物がどんどん死んでいくわけだが、それが明らかな殺人であったり事故というわけではなく、何気ない行動で死んでしまうのである。あまりにちょとしたことで人が死んでしまうことから、他のアニメやドラマなどの実況の際になにかにつけて「Anotherなら死んでた」と書き込まれるようになった。他のアニメではなんでもないシーンでも『Another』だったら間違いなく死んでいただろう、という意味。「Anotherなら」と縮めて書かれることも多い。

あまりに日常的な行動の中で死んでしまう様はまるで、わずかな段差で死に至るスペランカーのようである。