バブみ

読み : バブミ

バブみとは – 意味

「バブみ」とは、年下の女性や声優、アニメのキャラクターに母性を感じた時、幼児退行して「バブー」と甘えたくなる感情を意味する。この人、このキャラの赤ちゃんになって世話をされたいと感じた時、「バブみを感じる」「バブみがある」といったように使う。

赤ちゃんの声を表す「バブー」という言葉を元ネタにした言葉だが、なぜ「オギャる」や「ブヒる」のように「◯◯る」ではなく、「◯◯み」になったのかは謎。「バブみ」はオタク言葉に分類され、元々は女性声優ファンの間で使われていた言葉がネット上で広まっていった。

本来、甘えたいという感情は年上の女性に対して抱くものとされていたが、年下の女性やアニメキャラに対し、「母親になって欲しい」「子供として育てられたい」と感じたいという傾向が強くなり、幼児退行した自らの姿を「バブみ」という言葉で表現するようになった。

バブみの使用例