バブみ

読み : バブミ

バブみとは – 意味

「バブみ」とは、年下の女性や声優、アニメのキャラクターに母性を感じた時、幼児退行して「バブー」と甘えたくなる感情を意味する。この人、このキャラの赤ちゃんになって世話をされたいと感じた時、「バブみを感じる」「バブみがある」といったように使う。

「バブみ」の「み」は、「旨み」「苦み」「ありがたみ」などの「◯◯み」にみられる表現の一種。

赤ちゃんの声を表す「バブー」という言葉を元ネタにした言葉だが、なぜ「オギャる」や「ブヒる」のように「◯◯る」ではなく、「◯◯み」になったのかは謎。「バブみ」はオタク言葉に分類され、元々は女性声優ファンの間で使われていた言葉がネット上で広まっていった。

本来、甘えたいという感情は年上の女性に対して抱くものとされていたが、年下の女性やアニメキャラに対し、「母親になって欲しい」「子供として育てられたい」と感じたいという傾向が強くなり、幼児退行した自らの姿を「バブみ」という言葉で表現するようになった。

バブみの定義

バブみを感じたい=母親に甘えたいというわけではない。バブみは年下に女性に対して母性を感じることなので、マザコンとは似て非なるもの。バブみは相手が年下であることが絶対条件である。

赤ちゃんプレイともまた異なる。バブみは年下の女性に甘えたいという欲求があるものの、赤ちゃんプレイを要求するとまた別の欲求になってしまう。
親指を咥えながら「バブー」と言いながら年下の女性に甘える場合は…赤ちゃんプレイになっちゃうかな、うん…。「バブー」と言ってるけど、親指咥えちゃったら、ねえ?

じゃあロリコンなのでは?という疑問が生じるが、これに関しては相手の年齢によるのでなんとも言えない…。男性が成人で女性が未成年の場合…お察しください。

バブみの使用例