超!エキサイティン!

読み : チョウエキサイティン

「超!エキサイティン!」は大興奮した時に用いられるフレーズ。
とにかくハイテンションで使用するのがポイント。

超!エキサイティン!の元ネタ

元ネタとなっているのは日本ではツクダオリジナルから1994年に販売された『アメリカンバトルドーム』というオモチャのCM。

ただの玩具のCMなのだが、冒頭の「バトルドーーーーム!!!」に始まり、「ボールを相手のゴールにシュゥゥゥゥゥゥゥーーーッ!!」「超!エキサイティン!!」など、ナレーションのハイテンションぶりが注目され、2008年頃からニコニコ動画で流行。多数のMAD動画が作られるなど人気を博した。中でも特に「エキサイティング」を「エキサイティン!!」と発音良く言うあたりはたまらなく多くのユーザーのツボにハマったものと思われる。


ニコニコ動画で流行したことでリアルタイムでCMを見たことのない世代にも広く知られている。リアルタイムで見ていた世代にとっては懐かしくもある。

『バトルドーム』は2〜4人で遊ぶことのできる玩具で、上部から定期的に落ちてくる玉をピンボールの要領でひたすら打ち返し、他のプレイヤーのゴールに入れて行く。玉が全てゴールに入った時点で自分のゴールに入った点数が少ないプレイヤーが勝利となる。

「ドラえもんバトルドームも出た」バージョンもある。