江戸川区

読み : エドガワク

江戸川区は東京23区の一つ、23区東部に区分される
東側には江戸川、西側には中川、荒川があり「陸の孤島」とも言われる
人口は2012年現在で約67万人
小松菜は江戸川区の名産であり発祥の地でもある。「小松菜」という名前は小松川で菜入りの汁を食べた徳川吉宗が名付けたとされている。

江戸川区の由来

区名の由来は区内を流れる「江戸川」からそのまま採ったもの。区名を決める際に「松江」という地名から「松江区」という案もあったが、知名度が低いため採用されなかった。
「江戸川」という名称は「江戸に通ずる川」という意味から、「江戸」は江(川)の戸(入り口)という意味だとされる。

江戸川区の紋章

江戸川区紋章

「江戸川」の頭文字である「」をとして図案化したもの。発展と平和を象徴しており、円形は区民の協力と融和を示している。