面白い恋人

読み : オモシロイコイビト

「面白い恋人」は吉本興業の子会社・よしもと倶楽部が販売するみたらし味のゴーフレット。
大阪らしいネーミングのこのお菓子はなんばグランド花月の売店、新大阪駅、伊丹空狐、関西空港、神戸空港などで販売されている。

面白い恋人

面白い恋人の元ネタ

面白い恋人の元ネタはご存知の方が多いかと思うが、北海道土産の定番お菓子「白い恋人」。「面白い恋人」はみたらし味のゴーフレットだが、オリジナルの「白い恋人」はラング・ド・シャクッキー(チョコレート入り)で札幌市にある菓子メーカー・石屋製菓が製造している。

販売差し止め訴訟

「面白い恋人」の元ネタである「白い恋人」を販売する石屋製菓は、吉本興業、よしもとクリエイティブ・エージェンシー、サンタプラネットの3社に対し商標権侵害で販売差し止め、および損害賠償を求める訴訟を2011年11月28日に札幌地方裁判所に起こした。
石屋製菓に「面白い恋人を間違って買ってしまった」という苦情が寄せられたことが原因なのだが、名称だけでなくパッケージが似ていたため買い間違えたようだ。

和解成立

「面白い恋人」のパッケージデザインを変更することで「白い恋人」と間違われないようにすること、販売を大阪、兵庫、滋賀、京都、奈良、和歌山の6つの府県に限定すること、百貨店が催す物産展での販売(北海道と青森県を除き)は年36回までとするという条件で2013年2月に和解し、賠償金は支払われないこととなった。