キレてないですよ

読み : キレテナイデスヨ

「キレてないですよ」は芸人長州小力のギャグ、プロレスラー長州力のモノマネとして一世を風靡した。「キレてるんですか?」とふってもらい「キレてないですよ、俺キレさしたら大したもんだ」と返す。長州小力はこのモノマネや長州力のマネをしながらパラパラを踊るなどして2005年にブレイクした。

キレてないですよ。

「キレてないですよ」の元ネタ

この台詞はプロレスラー長州力のモノマネであることは誰もが知るところであるが、実際に長州力が言った台詞は「キレてないですよ」とは若干異なっている

もともとこのセリフは1995年に行われた安生洋二戦の後のインタビューでの発言であり、「キレましたか?」の問いに「キレちゃいないよ」と返したものである。当時長州の所属していた新日本プロレスと安生の所属していたUWFインターナショナルは敵対関係にあり、嫌いな選手であった安生に対して試合中キレたんじゃないですか?という質問であった。

また、小力のギャグでは「キレてないですよ、俺キレさしたら大したもんだ」と続くが、「俺キレさしたら大したもんだよ」というのはこの時のインタビューでの発言ではなく、この試合の前の月に行われた前哨戦後に安生洋二に対して放った発言である。

何を言っているのかほとんど聞き取れない