アムロ・レイ

読み : アムロ・レイ

アムロ・レイはアニメ『機動戦士ガンダム』シリーズの登場人物
言わずと知れたガンダムのパイロットである

アムロ・レイの由来

由来となっているのは零式艦上戦闘機、いわゆる『零戦(ぜろせん)
零戦の開発コードが『A6M』だったことから、これをもじって『アムロ』
零戦の『』を『レイ』と読んだ
開発コードである『A6M』というのは
Aは艦上戦闘機である事を表し、6はその6番目の機体であること、
Mは三菱重工業が開発元であることを示している。

生みの親の富野由悠季はこの名前を1ヶ月かけて考えたと話している。
企画段階では日本人にいそうということで『安室嶺』という漢字名があてられていた。
安室という姓は安室奈美恵などで知られるように沖縄に実在するが、
実在する姓であることを富野氏は知らなかったらしい。

ガンダム関連元ネタ

《こちらのネタもどうぞ》

マンガ・アニメ・音楽・ネット用語・なんJ語・芸名などの元ネタ、由来、意味、語源を解説しています。

Twitter→@tan_e_tan