プリキュア

読み : プリキュア

『プリキュア』はABC、テレビ朝日系列で放送される女児向けのアニメシリーズ。

2004年にシリーズ1作目となる『ふたりはプリキュア』が放映され、『Yes! プリキュア5』『フレッシュプリキュア!』『ハートキャッチプリキュア!』『スイートプリキュア♪』『スマイルプリキュア!』『ドキドキ!プリキュア』など、新しいシリーズが毎年放映されている。

1作目の『ふたりはプリキュア』ではプリキュアは2人(『ふたりはプリキュア Max Heart』では3人)だったが、他のシリーズは4人であったり5人であったりと人数は変則的である。

『プリキュア』は「かわいい」を意味する「Pretty」、「癒す」を意味する「Cure」をつなげた「PRETTY CURE(プリティキュア)」の略が由来となっている。女の子らしいイメージを持たせるため、2つの言葉を組み合わせて「プリキュア」というタイトルが生まれた。

第1作からまでプロデュースを務めたプロデューサーの鷲尾天(わしおたかし)氏いわく、候補がたくさんあったが商標がとれない、イメージにマッチしたいなどの理由からタイトルが決まるまでかなりの時間がかかったそう。
タイトルの英表記は、シリーズによって「PRECURE」であったり「PRETTY CURE」であったりする。

参考:PRECURE!MOTTO知恵袋

『ふたりはプリキュア Max Heart』の由来

『ふたりはプリキュア』の続編として『ふたりはプリキュア Max Heart』が制作された。「Max Heart」というタイトルの由来は商品のパッケージ間に合わなくなるぐらいタイトルが決まらず、プロデューサーの鷲尾天氏が西尾監督と「もういっぱいいっぱいだね」という話をし、「いっぱいいっぱい」=「マックスハート」=「Max Heart」ということでタイトルが決まった。意味があるとおもいきや、なんとまあ意外な由来。

『ふたりはプリキュア Splash☆Star』の由来

シリーズ3作目の『ふたりはプリキュア Splash☆Star』のタイトルは作品の世界観を表す2つのイメージが由来となっている。”新しくてはじけるイメージ“から「(水が)はねる」を意味する「Slash(スプラッシュ)」を、”海や水、綺麗な大空のイメージ“から「Star(スター)」を連想し、2つを組み合わせて「Splash Star」というタイトルとなった。

キュアアンフィニの意味

『HUGっと!プリキュア』の第42話にて、シリーズ初の男の子プリキュアが登場した。その名も「キュアアンフィニ」。若宮アンリがプリキュアに変身。

「アンフィニ(infini)」は、フランス語で「無限」を意味する。同じく、英語で「無限」を意味する「インフィニティ(infinity)」と同義。

女の子のように見えるが、立派な男の子である。「男女の境界がないファッション」という意味では、彼はジェンダーレスと言えるだろう。

キュアアンフィニ誕生時、キュアゴリラ(FUJIWARA原西)が観客席にいたことも話題に。フュギュアスケートの大会の観客席の右下に、観戦するキュアゴリラが映っている。

※キュアゴリラは「キュア」を冠しているがプリキュアではないため、初の男の子プリキュアはキュアアンフィニである。

《こちらのネタもどうぞ》