サマーウォーズ

読み : サマーウォーズ

サマーウォーズは2009年に公開されたアニメ映画
細田守が原案・監督、奥寺佐渡子が脚本、キャラデザインは貞本義行

サマーウォーズの元ネタ

サマーウォーズのストーリーはインターネット上の仮想世界で混乱が起こるというもの。
世界はAIによって乗っ取られてしまうが、それを主人公の少年が救うというストーリー。
このストーリーの元ネタと言われるのが、
1983年にアメリカで公開されたジョン・バダム監督の『ウォーゲーム』という映画
ウォー』というキーワードが共通していること、
そしてコンピューターネットワークが題材となっていること。
さらにサマーウォーズのラストは花札で決着をつけるのですが、
一方のウォーゲームは◯×ゲーム、というゲームによる決着という共通点もあります。

また、サマーウォーズの細田守監督は2000年に『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』という作品を監督しています。
こちらはそのまんま『ウォーゲーム』がタイトルに入っていますね。
この作品とサマーウォーズの共通点も多く、
やはりジョン・バダム監督のウォーゲームがサマーウォーズの元になっていると言えるでしょう。

《こちらのネタもどうぞ》