GAP

読み : ギャップ

GAPの由来- 意味

GAPは、1969年にドナルド・フィッシャーとドリス・フィッシャー夫妻が立ち上げたファッションブランド。

GAP

GAPというブランド名は、世代の価値観や考え方のずれを意味する「ジェネレーション・ギャップ」が由来。フィッシャー夫妻が「ジェネレーション・ギャップ」について話していた時に思い付いたのだそう。

もともとは「Pants and Discs」という名前を付ける予定であったが、「Generation Gap」からヒントを得て、THE GAPという名前が付けられた。

フィッシャー夫妻がGAPを始めようと思ったきっかけは、夫のドナルド(ドン)が自分に合うジーンズを見つけられなかったから。創業した1969年当時、第一号店を開いたサンフランシスコでは、まだパンツ専門店がなかったこと、子供と大人の中間にあたる年代(ティーンズ)をターゲットにするという狙いが当たり、GAPは急成長していった。

ブランド名の候補であった「Pants and Discs」は、ジーンズ(パンツ)と一緒に、レコードやテープを置くお店にしようと決めていたことが由来。

GAPが創業した1960年代後半のアメリカではヒッピー運動が社会現象になっており、ファッションや音楽といった文化に新しい価値観が生まれ、その中心であったティーンズが注目を集めていた。

創業者のドンは創業時に作成した文書の中で、ヒッピー運動で注目されたティーンズ(12〜25歳)をターゲット層にしたこと、パンツだけでなくレコードを置いたのはティーンズにアピールするためであった、と綴っている。

参考:Don’s Story | Gapの歴史

《こちらのネタもどうぞ》