キーボしてきた

読み : キーボシテキタ

「キーボしてきた」は、主に性的な興奮を覚えた際に用いられるフレーズ。

「キーボ」は「勃起(ボッキ)」を逆にしてなんとなく濁した言葉であり、「キーボしてきた」はズバリ「勃起してきた」という意味である。

その言葉通りに用いられることが多いが、性的ではない興奮の場合や、テンションが上ってきたような時にも使われるようになっており、「勃起」とは無縁の女性が使うケースもある。

キーボしてきたの元ネタ

「キーボしてきた」というフレーズは、お笑いコンビ・千鳥の大悟が言い出したもの。

ABCテレビで放送されているTV番組『今ちゃんの「実は…」』内の1コーナーに「街で気になるあの娘の素顔は実は…」という千鳥が担当するコーナーがある。これは視聴者から募集した美女の情報をもとに、千鳥が実際に会いに行って私服を見せてもらったり、お宅訪問をするというロケコーナー。

このコーナーの中で素人の女性を相手になんやかんやして興奮した大悟が発するのが「キーボしてきた」である。23時台の番組ではあるが、一応テレビであることと、一般人の若い女性を前にしてさすがに「勃起してきた」はまずい、と考えた末に生まれた「キーボ」だったのだろう…。

↓この動画では最後の部分で「キーボ」している。2分8秒あたりから

キーボの使用例

例1:スタンダードな性的興奮のキーボ

例2:テンションが高まった際のキーボ

例3:女性もキーボする

例4:通称キーボ

千鳥のコンビ名の由来もあわせてどうぞ




《こちらのネタもどうぞ》

マンガ・アニメ・音楽・ネット用語・なんJ語・芸名などの元ネタ、由来、意味、語源を解説しています。

Twitter→@tan_e_tan