フラッシュモブ

読み : フラッシュモブ

フラッシュモブとは – 意味

フラッシュモブ(Flash Mob)は、インターネットを通じて呼びかけられた不特定多数の人々が、公園や広場、公共の場など様々な場所でダンスや演奏などを行うパフォーマンスを指す。面識がない人々がインターネット通じて集まってフラッシュモブを行い、パフォーマンスが終わると何事もなかったように解散する。

ステージも何もない場所でゲリラ的に突然ダンスなどのパフォーマンスが始まり、そこに居合わせた人々を楽しませる。年齢やダンス経験の有無に関係なく、面識のない人々が集まってパフォーマンスを行う。結婚式や誕生日のサプライズとしてフラッシュモブが企画されることもあり、日本でもフラッシュモブが広がっている。

フラッシュモブに政治的なメッセージは含まれず、集まった人々やその場に居合わせた人々を楽しませることを目的とする。アメリカ、イギリス、日本など世界中でフラッシュモブが行われている。

Flash Mob

Photo by Johndaviesphotography

「フラッシュ(Flash)」は「閃光、閃き」といった突然現れる出来事を意味し、「モブ(Mob)」は「統制がとれない群衆、暴徒」という意味を持つ。2つの単語を組み合わせたフラッシュモブは、突然現れた群衆(多数の人々)によって行われるパフォーマンスという意味であると考えられる。

フードコートで突然『Hallelujah』を歌いだすフラッシュモブ。老若男女問わず多数の人々が参加

フラッシュモブの起源

フラッシュモブは2003年5月にニューヨークでビル・ワジク氏が企画した集会が起源とされている。

ビル氏は電子メールを通じてニューヨークの駅でバレエダンスを行う集会の開催を不特定多数の人々に呼びかけた。予想に反して250人以上もの人々が集まり、集会の開催が事前に警察に知られてしまったため集会は成功しなかったが、そのアイディアが評判となって各地で同様の集会が開催されるようになった。

インターネットのオフ会とよく混同されるが、オフ会は共通の趣味を通して交流を深めることが目的で、フラッシュモブは面識がない不特定多数の人々が集まり、パフォーマンスが終わるとそのまま解散するという違いがある。

スペインのサバデイ銀行が創立130周年記念に企画したフラッシュモブ(CM動画)。楽器を持った人々が徐々に集まり『第九』を演奏を始める

フラッシュモブに対する賛否

フラッシュモブは、いわゆるサプライズである。フラッシュモブを行う側は、誕生日やプロポーズなど、記念日をより思い出に残るものにしたい、相手に喜んでもらいたいという想いが原動力になっている。前もって協力者と打ち合わせやリハーサルを行い、本番当日に備える。

ここで問題となるのが、フラッシュモブを受ける側の気持ちである。サプライズを素直に喜べる人であるなら、突然行われるフラッシュモブに感動してくれるだろう。

しかし、サプライズをされるのが苦手な人や、周りから注目を浴びるのを好まない人の場合、正直つらいものがある。そんな人が、サプライズの最終進化系ともいえるフラッシュモブをされると、喜ぶどころか引いてしまうだろう。

「ヤフー知恵袋」に寄せられた、「昨日の結婚式、フラッシュモブのせいで最悪で…」という投稿がネットと話題となり、フラッシュモブが苦手な人も多いということがわかった。投稿者は離婚まで考えるほどショックを受けたようで、フラッシュモブが苦手な人の共感を呼んだ。苦手な人にとっては、思い出つくりになるどころか、苦い思い出になってしまうようだ。

昨日の結婚式、フラッシュモブのせいで最悪で… / ヤフー知恵袋

フラッシュモブをやる際は、相手の性格を見極めることが大事である。勝手に喜んでくれるだろうと決めつけてしまうと、自己満足になりかねない。小さなサプライズなら多少失敗しても笑い話で済ませるが、大々的にフラッシュモブをやって失敗すると取り返しがつかない…。そういう意味では、大きな賭けである。

また、フラッシュモブをされると、プロポーズを受けるか迷っていても断りづらくなるため、「相手から選択権を奪う(by ケンドーコバヤシ)」という意見もある。確かに、大々的にフラッシュモブをされるとOKせざるを得ない。

フラッシュモブ自体が良いか悪いかではなく、相手が喜んでくれるかどうかを考えた上で実行すべきなのだろう。喜んでくれると決め打ちするのではなく、苦手な人もいるということを理解した上で、やるべきかどうか判断しよう。

あと、不特定多数の人に目のつく場所でサプライズをされるのが苦手という人もいるので、それもよく考えてほしい。