らりん(永島聖羅)

読み : ラリン

らりん(永島聖羅)の由来・意味

「らりん」は元乃木坂46のメンバー・永島聖羅のニックネームである。

永島聖羅(ながしま せいら)は学生時代に友人から「せいらりん」と呼ばれていたことから、これが縮まって「らりん」と呼ばれるように。他にも苗字の永島から「ナガ」「永さん」といったニックネームでも呼ばれている。

さらには「仏の永さん」というニックネームもあるが、これはラジオ『沈黙の金曜日』でアシスタントを務めていた際にパーソナリティのアルコ&ピース・平子から命名されたもの。

永島聖羅 2018卓上スクールカレンダー+仮想ラジオ番組CD (2018.4~2019.3 )

いもたまコンビ

永島聖羅と乃木坂46・白石麻衣の二人を合わせて「いもたまコンビ」と呼ぶことがある。

これは白石が永島のことを「妹たん(略していもたん)」、永島が白石のことを「お姉たま」と呼んでいたところから、これを組み合わせて「いもたまコンビ」である。番組の企画で行われた体力測定で仲良くなったのがきっかけ。

《こちらのネタもどうぞ》