ET-KING

読み : イーティーキング

ET-KINGは5MC、1DJ、1総合司会という編成の7人組のユニット。1999年に大阪大国町を拠点に結成し、2006年にメジャーデビュー。
別名:ET-KING -大阪大国町纏屋(まといや)-
音楽ユニットであるが、メンバーであるコシバKENが総合司会担当なのは、MC希望でET-KINGに参加した時にはすでに5MC、1DJの編成になっており、ポジションに空きがなかったためリーダーのイトキンに総合司会を命じられたから。
メンバーは全員法被(はっぴ)を着ており、法被にはそれぞれ番号がふられている。

応援歌集

ET-KINGの由来

外国人がイトキンの名前を聞いて「What? ET-KING?」と聞き返されたことがユニット名の由来。これがきっかけでET-KINGとなった。つまり由来はリーダーのイトキン。イトキンの本名は山田よしまさだが、古谷実のマンガ「僕と一緒」に登場する「イトキン」に風貌が似ていたことからイトキンと呼ばれるようになったそうだ。

左が「僕と一緒」のイトキン
 /><noscript><img src=

収録アルバム『シングルコレクション!』

《こちらのネタもどうぞ》

マンガ・アニメ・音楽・ネット用語・なんJ語・芸名などの元ネタ、由来、意味、語源を解説しています。

Twitter→@tan_e_tan