戦争で若人が命を賭して守った未来がこれか…

読み : センソウデワコウドガイノチヲトシテマモッタミライガコレカ

「戦争で若人が命を賭して守った未来がこれか…」とは

「戦争で若人が命を賭して守った未来がこれか…」は現代日本の悲しい現実を見た時に貼られる画像。

戦争で若人が

昔なら見ることのなかった、現代の若者の呆れるような行動などに対して使われることが多い。

「戦争で若人が命を賭して守った未来がこれか…」の元ネタ

このフレーズ及び画像は、友美イチロウの漫画『にゅーたん』のキャラクターである「にゅーたん」の台詞。

この台詞は『にゅーたん』第一話「最終兵器毒女」で登場する。

とある腐女子が大量のBL本の処理に困り、埋めてしまおうとアパートの裏庭を掘っていると、土の中から謎の少女が…。

その少女(?)は、「大日本帝国陸軍 萌部隊所属 自立思考全方位型 萌子力爆弾搭載兵器 ”にゅーたん”」を名乗る。要するに戦時中に埋められた人型の爆弾的な何か。

にゅーたんを掘り起こした腐女子がBL本を読んで悶えながら転げまわる姿を見たにゅーたんが、涙を流しながら言ったのが「戦争で若人が命を賭して守った未来がこれか…」である。

戦時中からずっと土の中に埋まっていたにゅーたんは、言ってみれば現代にタイムスリップしてきたような存在。そんなにゅーたんが現代の平和ボケした若者を見て、当時の若者と比べてあまりの変わりようを憂いて言った台詞である。

にゅーたんは笑いながら泣いているのが意味ありげだが、基本的にずーっとこの顔。作品自体はギャグ漫画なので、シリアスなシーンというわけではい。

作者の友美イチロウも、「『にゅーたん』は世相を鑑みて描いているように見られることもありますが、何も考えずに描いています。」と話している。

『にゅーたん』はニコニコ静画で一部試し読みが可能。この第1話も無料で読むことができる。

にゅーたん / 友美イチロウ – ニコニコ静画 (マンガ)

Twitterでの使用例

《こちらのネタもどうぞ》

マンガ・アニメ・音楽・ネット用語・なんJ語・芸名などの元ネタ、由来、意味、語源を解説しています。

Twitter→@tan_e_tan