ファンと仁とのEternal

読み : ファントジントノエターナル

ファンと仁とのEternalとは

「ファンと仁とのEternal」は、有名人が結婚したり交際が発覚した際などに用いられるフレーズ。

「◯◯と●●のEternal」と、別の人物を用いた改変もよく見られる。

ファンと仁とのEternalの元ネタ

「仁」というのは元KAT-TUNの赤西仁のことで、「Eternal」は赤西仁ソロデビュー曲のタイトルである。

KAT-TUNのメンバーだった赤西は2010年にグループを脱退、その後はソロでの活動を行っていた。

2012年2月9日、同月2日に赤西が女優の黒木メイサと結婚したことを発表。人気アイドルの結婚発表による衝撃はファンを直撃。赤西の結婚を祝福するファンもいれば、黒木メイサにヘイトを向けるファンの声も少なくなかった。

そんな中で、2ちゃんの既婚女性板(通称:鬼女板)の『■■芸能有名人の噂1145TV実況禁止■■』という芸能人・有名人の噂を語るスレの中でも赤西のことが話題となる。

「赤西と黒木の結婚は良い結婚だったんじゃないの?」というユーザーに対し、「どこが良い結婚だよ」や「ファンは発狂してる」などの意見が書き込まれたのだが、そういった意見に対して反論するように書き込まれたのが以下のもの。

49 : 可愛い奥様[sage] 投稿日:2012/02/10(金) 00:51:24.74 ID:kwqun8rm0
デビュー前からのファンだけど別に発狂してないよ。
もともと「結婚したい」「子供が欲しい」ってよく言ってたし、
仁に振り回されるのは馴れてるし。

こんな奴だけど好きなんだからしょうがない。
型に嵌らないのが仁だしね。

プライベートはメイサが支えればいい。
私達は仁の音楽=魂を支えるから。

その魂は私から子供へ、子供から孫へと受け継がれていくし、
そうやっていつか仁のDNAと混ざり合うから。

それがファンと仁とのEternalだし。

デビュー前からのファンと名乗るユーザーが、赤西の結婚に対する持論を展開。その締めの言葉が「それがファンと仁とのEternalだし。」だった。

「Eternal」というのは「永遠」を意味する英語であり、赤西の魂と自らの魂のDNAの混ざり合いが永遠に続いていくというような意味をもたせているわけだが、赤西仁のソロデビュー曲のタイトルでもあり、なかなかうまいこと言っている。

こちらが『Eternal』。赤西自身による作詞作曲となっている。

スレでの反応

最後のフレーズはもちろん、魂が子供から孫へ受け継がれてDNAが混ざり合うくだりなど、なかなかツッコミどころが多いこの書き込み。

他のユーザーからは「キモい」や「冷静に沸いてる」など冷ややかな反応もあれば、「結構ガチで感動した」と、この書き込みに賛同する声も見られる。また、「コピペかなにか?」「仁とメイサの所を変えていろいろ遊びたくなるw」などといった、その後この書き込みがコピペ化し改変されるという未来を予見したような書き込みも見られた。

実際にコピペ化したこの書き込みは、芸能人の結婚報道などがあった際に名前の部分を改変するなどして「イタイファン心理のコピペ」のように用いられている。

確かにこの文書は赤西の結婚に対して本当は発狂しそうになっている自分を、こういった考え方で誤魔化し、無理矢理納得しようと自分に言い聞かせているようにも見える。だが一方で、結婚や交際の発覚を期にそれまでファンだった人がアンチに変貌したり、あるいは結婚相手・交際相手を叩くような過激なファンもいる中で、あくまでプライベートはプライベートとして祝福し、音楽など芸能の面で支え続けるというファンとしての姿勢は称賛に値する、と評価する声も少なくない。

ただ、この文章が書き込まれたのはあくまで芸能人の噂話をするスレであり、ジャニーズやKAT-TUN、赤西のファンが集まるような場所ではなかったことや、この書き込みをした人物がこのレス以外全く他のレスの痕跡がないことなどから、本当に赤西仁のファンだったのか、あるいは「イタイファン」を演じた書き込みだったのかはわからない。

《こちらのネタもどうぞ》

マンガ・アニメ・音楽・ネット用語・なんJ語・芸名などの元ネタ、由来、意味、語源を解説しています。

Twitter→@tan_e_tan