一緒に住まねえ?俺と

読み : イッショニスマネエオレト

「一緒に住まねえ?俺と」は幼女にプロポーズする際に用いられる言葉。いわゆるロリコンにまつわる話題の際に使用される。

一緒に住まねえ?の元ネタ

このフレーズは俳優・岡田将生の発言。

2012年に公開された実写映画『ひみつのアッコちゃん』で10歳のアッコ役だった当時12歳の子役・吉田里琴と共演した当時23歳の岡田将生。映画の番宣のために出演したTBS『王様のブランチ』の中で、その撮影中の二人のやりとりが放送された。

岡田将生 プロポーズ疑惑』と題されたVTRで、岡田がその日撮影最終日だった吉田に対して「愛しくて愛しくてしょうがない」「一緒に住まねえ?俺と」と抑えきれない気持ちを吐露したのである。

これに対し吉田は「へぇ?」とリアクションするが、さらに岡田は「なんでもするよ」と続けたのであった。

スタジオはドン引きで、レギュラー出演者のはしのえみに「トーンとか本気っぽいけど」と問われると岡田は「本当に好きで、大好きで、お父さん的な感覚なんですよ。かわいくてなんでもしてあげたくなるような感じで。そうするには一緒に住むしかないなってずっと考えてて…」と、あくまで父親感覚の好きであることを強調。

しかしその後、「恋愛対象はどこからどこくらいまで?」と聞かれると「いや、全然もう…あの…あの…あの………」と言葉に詰まり、「12歳はダメですけど、年齢は関係ないので、本当に好きになった方なら関係ないと思います。でも12歳はさすがにダメ、ダメです。」と、好きだけどダメだから我慢しているとも取れるような発言を残した。

この時のVTRの「一緒に住まねえ?俺と」と「なんでもするよ」の部分のキャプチャー画像によって「岡田将生=ロリコン」疑惑がネット上で広まるようになった。

ただ、画像の発言だけだと本人が言うようにあくまでも「お父さん的な感覚」ともとれるのでなんとも言えないところであるが、岡田将生のロリコン疑惑発言はこれだけにとどまらない。

岡田将生と澤部の娘

2017年に放送された日本テレビ『メレンゲの気持ち』ではハライチ澤部の親友として澤部の素顔を暴露するという内容のVTRに登場した岡田。

ドラマでの共演がきっかけで親友になっという岡田と澤部。岡田は澤部の自宅にもよく遊びに行く家族ぐるみの仲という話だが、澤部の娘とは特に仲良しで、娘が「アイスが食べたい」というので両親抜きでコンビニまで二人で散歩に行ったことについて「すごく僕は幸せでした」と話す。

さらに、誕生日プレゼントにおもちゃを買ってあげると次に会った時に「将生は次なに買ってくれるの?」と言われたというエピソードによって下の名前で呼ばれていることも判明。

澤部の素顔ではなく、岡田の素顔が暴露される結果となってしまった。

岡田将生と芦田愛菜

2011年にキヤノンのプリンター『PIXUS』のCMで当時6歳だった芦田愛菜と共演した岡田は撮影後、芦田に見つめられるシーンについて「なんか、ドキッ!としちゃいました」と話していたこともある。
参考:https://www.oricon.co.jp/news/2001292/full/

これら以外にも岡田はテレビや雑誌のインタビューや友人の発言によって自身の妹が大好きであることや、かなり年下の女の子がタイプであることが明かされており、やはり「お父さん的な感覚」ではないのではないだろうかと疑惑は深まるばかりである…

《こちらのネタもどうぞ》