トナラー

読み : トナラー

トナラーとは - 意味

トナラーとは、飲食店内や電車内で他に席が空いているのに、なぜか隣に座ってくる人を指す言葉。トナラーは、「隣」に英語で「〜する人」を意味する接尾語「-er」をくっつけた造語。

他に座る席があるにも関わらず、わざわざ隣に座ってくる人を皮肉の意味を込めてトナラーと呼ぶ。

トナラー

飲食店や電車だけでなく、駐車場で他に空きスペースがあるのになぜか隣に駐車してくる人もトナラーである。駐車場で隣に駐車してくる行為を「トナリング」と呼ぶとか呼ばないとか。

店員に隣の席を案内されたならまだしも、わざわざ隣に座ってくるトナラーに不快感を覚える人も多い。トナラーはスリや痴漢が目的ではなく、ただ隣に座ってくる。

男性のトナラーからすると綺麗な女性の隣に座りたいという心理があるのだろうが、ガラガラの店内や電車内で隣に座られるのは、女性にとっては不気味だし怖いことだろう。

駐車場におけるトナラーでいえば、ガラガラなのに隣に駐車されると怖いし、車のドアを開けにくいし出庫しにくくなる。トナラーの心理を考えてみると、車があった方が駐車の目印になるということなのだろうか。仕切り線の間に綺麗に駐車する自信がないとか、そんなとこだろうか。