月が綺麗ですね

読み : ツキガキレイデスネ

「月が綺麗ですね」とは、「I love you.」の日本的意訳である。

なぜ「月が綺麗ですね」=「I love you.」なのか?それにはこんな逸話がある。

月が綺麗ですねの意味 – 元ネタ

「月が綺麗ですね」=「I love you.」の元ネタはかの文豪・夏目 漱石だと言われる。

夏目 漱石が英語教師をしていた時、生徒たちは「I love you.」を「我君を愛す」や「僕は、そなたを、愛しう思う」と訳した。それを聞いた夏目 漱石は、「日本人はそんなことは口にしない。月が綺麗ですねとでも訳しておきなさい」と言ったとされる。

この逸話から「I love you.」=「月が綺麗ですね」という表現が生まれたとされ、遠回しに告白する時に使われるとか使われないとか。

『夏目漱石全集・122作品⇒1冊』
『夏目漱石全集・122作品⇒1冊』

ただ、本当に夏目 漱石が「I love you.」を「月が綺麗ですね」という訳したのかを示す明確な出典は見つかっておらず、漱石自身の作品にも登場していない。確認できる最も古い出典としては、1977年11月1日に発行されたSF雑誌『奇想天外』にて連載された豊田 有恒のSFエッセイ『あなたもSF作家になれるわけではない』。

夏目 漱石:
日本人は、そんな、いけ図々しいことは口にしない。これは、月がとっても青いなあ――と訳すものだ

出典:「月が綺麗ですね」検証

ご覧のように本エッセイでは、「月が綺麗ですね」という表現は使われておらず、漱石が口にしたのは「月がとっても青いなあ」となっている。本書が出版されたのは1977年、漱石が英語教師になったのは1893年で亡くなったのは1916年。死去してから60年以上経過してから出版されているため、本当に漱石が口にしたのかは検証の余地がある。

ちなみに、「月が綺麗ですね」を英語にすると「The moon is beautiful.」となる。外国人に「The moon is beautiful.」と言っても「Huh~?」と返されるだけだろう。

二葉亭四迷は「I love you.」を「死んでもいいわ」と訳した?

夏目漱石と同じ時代に名を馳せた小説家・二葉亭四迷(ふたばていしめい)は、「I love you.」を「死んでもいいわ」と訳したという話が残っている。

しばしば、夏目漱石が訳した「月が綺麗ですね」と、二葉亭四迷が訳した「死んでもいいわ」はセットで使われる。男性が愛の告白に「月が綺麗ですね」というと、女性がOKの返事に「死んでもいいわ」と返すという。そんな、キザな話。

二葉亭四迷がロシアの文豪イワン・ツルゲーネフの自伝的小説『片恋』(原題 Ася:アーシャ)を和訳した際に、ロシア語の「I love you.」を「死んでもいいわ」という話があるが、これはどうやら間違いのようだ。

二葉亭四迷が訳した文では、「死んでも可いわ…」という表記が使われている。

死んでも可いわ…」とアーシヤは云つたが、聞取れるか聞取れぬ程の小聲であつた。

二葉亭四迷-片恋
参照:片恋 : 外六編 / 国立国会図書館デジタルコレクション

ツルゲーネフの原文だと、この部分に該当する。

Ваша… — прошептала она едва слышно.

ツルゲーネフ-片恋
参照:Ася – Тургенев, И.С. – Google ブックス

「Ваша」が「死んでも可いわ…」に当たるのだが、果たしてロシア語で「I love you.」なのか?

答はNO。

「Ваша」はロシア語の女性単数主格で、「あなたの」という意味。英語版では「Yours」と訳されているようだ。

なぜ、二葉亭四迷が「Ваша(Yours)」を「死んでも可いわ…」と訳した真意はわからないが、「あなた」という言葉の中に、前後の文脈から「身も心もあなたに捧げたい」というニュアンスを感じ取り、「死んでもいいわ」という言葉で恋に落ちた女性の心を読者に伝えたかったのだろう。

参考:二葉亭四迷は「I LOVE YOU.」を「死んでもいいわ」と訳していない。