ルンバ

読み : ルンバ

ルンバの意味

「ルンバ」とは野球で采配ミスをした際に用いられる。
主に盗塁などの走塁ミスの際に使われ、「ルンバ采配」とも言われる。

ルンバの元ネタ

「ルンバ」の元ネタとなっているのは楽天イーグルス元監督の野村克也の発言から。

2008年5月29日の楽天対巨人戦。4対2と楽天イーグルスリードで迎えた9回表巨人の攻撃、2点差、ツーアウトの場面で一塁ランナーの矢野が盗塁に失敗

この場面での盗塁は無意味とまではいかないが、絶対にセーフになるという確信でもなければ通常はしない。

試合後野村監督はインタビューに「バッカじゃなかろかルンバ♪」と歌いながら現れ、巨人原監督の采配をバカにした。

この一件以降、こういったケースでなくとも盗塁失敗や走塁ミスなどの際に「ルンバ」が使われるようになった。

バッカじゃなかろかルンバ♪は実在する楽曲

ちなみにこの「バッカじゃなかろかルンバ」は野村監督の即興かと思われたが、さくらと一郎が歌う、実在する曲であった。


《こちらのネタもどうぞ》

マンガ・アニメ・音楽・ネット用語・なんJ語・芸名などの元ネタ、由来、意味、語源を解説しています。

Twitter→@tan_e_tan