あがすけ

読み : アガスケ

あがすけのコンビ名の由来・意味

あがすけはグレープカンパニー所属のお笑いコンビ。
ツッコミの吉村和彬とボケのタツキ・マイアミの二人で2012年に結成された。

「あがすけ」というコンビ名は、二人の出身地である山形県の方言が由来となっている。

あがすけ」というのは山形の方言で「お調子者」や「目立ちたがり屋」「生意気な人」といった意味がある。

ココ夏三郎

タツキ・マイアミはプロレスラーとして活動したこともある。その時のリングネームは「ココ夏三郎」。

ココ夏三郎は日清シスコが発売している「ココナッツサブレ」の発売50周年を記念した作られたキャンペーンキャラクター。私立恵比寿中学の中山莉子の原案デザインが筋肉ムキムキのキャラだったことから、筋肉芸人でもあるタツキ・マイアミに白羽の矢が立った。

《こちらのネタもどうぞ》

マンガ・アニメ・音楽・ネット用語・なんJ語・芸名などの元ネタ、由来、意味、語源を解説しています。

Twitter→@tan_e_tan