が〜まるちょば

読み : ガーマルチョバ

が〜まるちょばとは

「が〜まるちょば」はよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のパントマイマー。
パントマイムを中心にしたパフォーマンスで、「サイレントコメディー」を自称している。

1999年にケッチ!とHIRO-PONの二人で結成されたが、2019年3月末をもってケッチ!が脱退し、HIRO-PON1人で「が~まるちょば」として活動してくいくことに。

が〜まるちょばの由来

「が〜まるちょば」という名称は、グルジア語で「こんにちは」を意味する「gamarjoba(გამარჯობა)」が由来となっている。

ドイツのインターナショナルフェスティバルに招待され出演した際、同じ出演者だったグルジアの子供たちから覚えたのがグルジア語で「こんにちは」を意味する「ガーマルチョバ」だったという。

他のグルジア語が一切わからなかったため、「さよなら」など他の挨拶からなにからコミュニケーションの全てを「が〜まるちょば」で行っていたことから、最終的にその子供たちも二人のことを「が~まるちょば」と呼び出したのだそうな。

この時の思い出と「が~まるちょば」という言葉の響きが耳に残っていたことからユニット名として名付けられた。
参考:が~まるちょば 結成10年目の異色デュオ | マイナビニュース

ちなみに二人ともグルジには行ったことがないらしい。

《こちらのネタもどうぞ》

マンガ・アニメ・音楽・ネット用語・なんJ語・芸名などの元ネタ、由来、意味、語源を解説しています。

Twitter→@tan_e_tan