ロングコートダディ

読み : ロングコートダディ

ロングコートダディの由来・意味

ロングコートダディは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビ。
堂前透と兎の二人で2009年に結成された。共に大阪NSC31期生。

結成当初のコンビ名は「カレー」だったが、同じ名前のコンビがすでにいたことから「ソテー」へと改名。そこからさらに改名したロングコートダディに。「ロングコートダディ」というコンビ名は兎が長いコートを着たおじさんを見たことから「ほな『ロングコートダディ』やな」となったという。
参考:火曜日のオンスト-2015/1/20 / Wayback Machine

兎の本名は「高橋翔太」というが、本名がダサいということで芸名を付けた。「兎」となったのは「舞台で一番跳ねるように」という思いから。芸名の候補として「桃太郎」があり、兎とどちらにしようか最後まで迷ったそうな。

《こちらのネタもどうぞ》

マンガ・アニメ・音楽・ネット用語・なんJ語・芸名などの元ネタ、由来、意味、語源を解説しています。

Twitter→@tan_e_tan