マツコ・デラックス

読み : マツコ・デラックス

マツコ・デラックスは日本のタレント。女装家、コラムニストなど多方面で活動している。美容師やゲイ雑誌の編集者などを経てコラムニストとして活動。体重140キロを越える巨体に女装、そして毒舌というインパクトで近年ではタレントとしての活動が盛んであり、レギュラー番組も多数持っている。

生年月日は1972年10月26日でさそり座。いいえ私はさそり座の…。中森明菜の大ファンで、自身の番組でもよくそのことに触れている。中森明菜が好き過ぎるあまり、本人に会いたくないとのこと。また、モーニング娘。をはじめとするハロー!プロジェクトのファンであることも知られている。特に太陽とシスコムーンが好きだったそう。

くりぃむしちゅーと同じナチュラルエイトという事務所に所属しており、くりぃむと一緒にテレビ出演することも多い。SMAPの木村拓哉とは同じ高校の同級生であったが特に面識はなかったという。

マツコ・デラックスの由来

「マツコ」は本名の松井貴博からきている。「松井」の「松」をとって友人からは昔から「松子(マツコ)」と呼ばれていたため、執筆業をするにあたってそのままペンネームに使用した。

しかし、そのままではインパクトがないということで何か付け加えようと考え、豪快なイメージを付けるために「デラックス」とした。「でかいから」ではないと話している。紙面やネットニュースの見出しでは文字数の関係でマツコDXと略されることも。

「デラックス」部分の候補としては他に「ロワイヤル」「インターナショナル」「ユニバーサル」などがあったという。マツコ・ロワイヤルやマツコ・ユニバーサルも悪くない。

また、高校時代は「バンバン・ビガロ」というアダ名で呼ばれていた。バンバン・ビガロはアメリカのプロレスラーで日本にも来日し、ビッグバン・ベイダーとのタッグなどで活躍した。マツコのようにデカいレスラーである。マツコと関係ないが、芸人のもりやすバンバンビガロの由来もこのバンバン・ビガロ。

大相撲力士の宝富士大輔は、マツコ・デラックスに似ているといわれている。いわれてみれば似ているような気もするが。