ジェンダーレス

読み : ジェンダーレス

ジェンダーレスとは – 意味

ジェンダーレスとは、「男女の性差をなくそう」という考え方である。
※「Gender(ジェンダー)」は「性、性別」という意味、「-less(レス)」は「〜がない」という意味。

ファッションにおいて、ジェンダーレスは「男女の境界がないファッション」という意味で使われる。
男性用・女性用関係なく、男性が女性用の、女性が男性用のアイテムをファッションに取り入れることをジェンダーレスファッションと呼ぶ。
たとえば女性が男性用の大きいサイズのシャツを着たり、男性が女性用のニットベストを着るといったような。
ユニセックスは「男女兼用」という意味であるため、ジェンダーレスとはまた意味が異なる。

こういうのがジェンダーレ…ス…ファッ…ション…なの…か?そうなの…か?
確かにGender-less fashionって書いてますけど。
これはもう未来の変態ではないですか
ジェンダーレスファッション
画像:https://renatelijerka.com/2015/05/02/gender-less-fashion-is-here-and-here-to-stay/

これはハイレベル過ぎたので、こちらがわかりやすいジェンダーレスファッションの例。
ジェンダーレスとは違うジャンルの気もするけれど。

ジェンダーレス男子

ジェンダーレス男子

メイクをしたり女性用のファッションを取り入れる男子をジェンダーレス男子と呼ぶ。
女装をするのではなく、あくまでも男子のままでメイクやネイルをしたり、女性用のアイテムを着こなすのがジェンダーレス男子。
男の娘とも違う。
ジェンダーレスは「性別がない」という意味なので、性別を感じさせないようなファッションをするのがジェンダーレス男子の定義といえる。

読者モデルのとまん

読者モデルのこんどうようぢ

ジェンダーレスとジェンダーフリーとの違い

ジェンダーフリーは、男らしさや女らしさといった性別による固定概念に囚われず、それぞれの個性や生き方で自己決定できるようにしよう、という考え方である。
性別を否定するものではなく、性別による社会的な差別をなくそうという考え方。

一方、ジェンダーレスは性別の境界をなくそうという考え方である。
しばしば混同されることがあるが、ジェンダーレスはファッションにみられるように性別による境界をなくす考え方で、ジェンダーフリーは多様な生き方ができるように性別で生き方が限定されないようにしよう、という考えの違いがある。