童子-T

読み : ドウジ・ティー

童子-Tはソロのヒップホップアーティスト。童子(どうじ)と読む。
【本名:竹末充(たけすえみつる】
ヒップホップユニット・ZINGI(ジンギ)のメンバーでもある。
キングギドラのMC/リーダーであるK DUB SHINEが立ち上げたアトミックボム・プロダクションの3番目のラッパーであることから、「第三の男」と呼ばれていた(現在は脱退している)。

清水翔太、BENI、加藤ミリア、田中ロウマ、CHEMISTRY、JUJU、EXILEといったJ-Popアーティストから、キングギドラ、ZEEBRA、EAST END、RHYMESTER、YA-KYIMなどのヒップホップアーティスト/ユニットまで幅広くコラボしている。

童子-Tの由来

アーティスト名の童子-Tの名付け親はZINGIのリーダー・MC仁義。アニソンオタクとして有名なMC仁義が大ファンであるという永井豪のマンガ「手天童子」から名付けられた。童子は少年や子供を意味し、B-BOYを日本語にすると少年=童子にもなることも由来のひとつ。Tは本名の竹末のT。

『もう一度・・・feat.BENI』の元ネタ・サンプリング

12thシングル『もう一度・・・feat.BENI』は30万枚を突破。
ドラマ『ロングバケーション』の劇中曲「Close to you-セナのピアノII-」をサンプリングとして使用。



収録アルバム『12 Love Stories』