あ…(察し)

読み : ア…サッシ

「あ…(察し)」は何かを察した時に使われるフレーズ。主にニコニコ動画の一部や2chのなんJなどで使われる。
与えられた情報からその先にあるものを感じ取ったがそれはあえて口に出さないという時に用いられる。主に残念な感じのことに対して使われている。「あ…フーン(察し)」や「あっ(察し)」など表記はさまざま。

あ…(察し)の元ネタ

元ネタは例のゲイビデオ『真夏の夜の淫夢』に関連するもの。一連のビデオネタの一つ『ザ・フェチ Vol.3 フェチリシリーズ初心者編』という作品におけるインタビューの中で、野獣先輩は年齢を聞かれ「24歳です」と答える。24というと一般的には大学を卒業して働いている年齢なので「もう働いてるの?」と問われるが「学生です」と答えたことでインタビュアーが「あっ…」と察してしまったシーンが元ネタ。

少ない情報からその先のことを察して、それ以上突っ込まないであげるという優しさあふれるフレーズなのだ。

『真夏の夜の淫夢』については「アッー!」の記事を参考にしてください。
淫夢関連の他のネタはコチラ