手が震えてきた

読み : テガフルエテキタ

「手が震えてきた」はオンラインゲーム等においてメンテナンス等でログインできない際に書き込まれるフレーズ
その他、何かと待てない、我慢できない時などに用いられることもある。

手が震えてきたの元ネタ・意味

「手が震えてきた」はファイナルファンタジー11などオンラインゲームでメンテナンスの際に使われているフレーズ。

手が震えるというのはアルコール依存症のような禁断症状を意味しており、一秒でも早くゲームにログインしてプレイしたいにも関わらず、メンテナンスなどがなかなか終わらない、あるいは個人的な事情によってログインすることができないなどでプレイできない状態が続き禁断症状が出てきた状態を表現している。
次回のアップデートや情報の解禁などが待ちきれない時にも手が震えるそうな。

ログインできないというところから転じて、サーバーが混雑していてサイトにつながらない場合などのイライラ状態を表す時にも用いられている。