ウホッ!いい男…

読み : ウホッイイオトコ

「ウホッ!いい男…」は文字通りいい男を見た時に発するフレーズ。
主にホモ的な表現を目にした時に書き込まれるもので、「ウホッ」のみでも使われることが多い。似たような言葉として「アッー!」や「あのさぁ…」「ホモォ…」などがあるが、「ウホッ」は男性の裸体やたくましい筋肉などいい身体を見た時に多く使われる傾向にある。

ウホッ!いい男…の元ネタ・意味

このフレーズは山川純一(ヤマジュン)作のホモマンガ『くそみそテクニック』に登場するセリフが元ネタ。

トイレを探して公園のトイレへと走っていた予備校生(道下正樹)が、公園のベンチに座っていた男性(阿部高和=阿部さん)を見つけて(心のなかで)言ったのが「ウホッ!いい男…」である。阿部さんがそういう人なのは言うまでもないが、道下の方もそういう奴だったのである。
この「ウホッ」が浸透したことで現在では「ホモ的」な表現としてネットでは当たり前になってはいるが、そもそもなぜいい男を見た時のリアクションが「ウホッ」だったのかはよくわからない。