よかおめ

読み : ヨカオメ

「よかおめ」は主になんJなどで用いられる言葉。
「よかったね。おめでとう。」の略であり、祝福の意味で使われるが、皮肉を込めたり、適当に祝いを述べる際などに用いられることが多い。

よかおめの元ネタ・意味

「よかおめ」こと「よかったね。おめでとう。」は2009年の第二回WBCで日本が優勝した後の各球団監督コメントにおける当時の中日ドラゴンズ監督・落合博満のコメントである。

この大会では多くの選手が日本代表候補として選ばれたが、中日ドラゴンズの選手は調整や怪我を理由に全員が出場を辞退することとなった。他の球団の候補選手にも同じように辞退をした選手はいたものの、中日は全選手が辞退し一人も出場しなかったこと、落合監督が選手の派遣に消極的だったことから、球団や監督から選手に辞退するように指示があったのではないかという批判もあった。

そんな中で第二回WBCは開催され、日本は見事優勝を成し遂げたわけだが、その後各球団の監督から優勝についてのコメントが発表された。多くの監督が自球団の選手の活躍に触れるなどそれなりの長さのコメントをしている中で、唯一中日ドラゴンズの落合監督だけは「よかったね。おめでとう。」と非常にそっけないコメントを出したのであった。
選手を派遣していない中日の監督にコメントを求めるのもどうかとは思うが、どう見ても心のこもっていないコメントにまた批判が高まったのであった。