豊島区

読み : トシマク

豊島区は東京23区の一つ
23区で最も人口密度が高い区となっている
かつて手塚治虫や藤子不二雄、赤塚不二夫らが住んだトキワ荘があったのもこの豊島区
サクラの代表品種であるソメイヨシノの発祥の地でもある
人口は2012年現在で約28万人

豊島区の由来

1932年に巣鴨町、西巣鴨町、高田町、長崎町の4町から豊島区が誕生。もともとこの4つの町があったのが北豊島郡であったため「豊島区」という名称が採用された。
「豊島」という地名はかつて東京湾が入り込んでおり、その沿岸近くに多くの島(州)があった事が由来となっている。島が豊かにあったということから「豊島」

豊島区の紋章

豊島区紋章

区の紋章は豊島の「豊」の文字の周りには東京都の紋章である六方に伸びる亀甲模様、そしてその外には菊の花が描かれている。