テレビが壊れてるんじゃないですか

読み : テレビガコワレテルンジャナイデスカ

「テレビが壊れてるんじゃないですか」はプロ野球選手・読売ジャイアンツ脇谷亮太選手にまつわるフレーズ。
ネットでは脇谷選手について語る際に「テレビ」や「テレビが壊れてる」「テレビの映りが悪い」などとこのフレーズにまつわる言葉を用いることがある。また、元ネタの内容から、野球における誤審や微妙な判定の際に用いられることもある。

テレビが壊れてるんじゃないですかの元ネタ

このフレーズは2011年4月20日の対阪神タイガース戦の後に脇谷選手自身が発したコメントが元ネタである。

この日の試合、7回に鳥谷の犠牲フライで勝ち越したタイガースはさらにランナー一、三塁のチャンスでバッターはブラゼル。ブラゼルの打球は高くがり、セカンドの脇谷が背走して落下点に入る。難なくキャッチかと思われたが脇谷は打球をグラブに当てて弾いてしまう。しかし脇谷は倒れ込みながら弾いたボールをなんとか地面には落とさずにキャッチしましたよ、という顔で一塁塁審にアピール。そして塁審はノーバウンドでのキャッチを認めアウトとした。
しかし、VTRで見てみると脇谷は完全に落球しており、地面に落ちて転がったボールを拾い上げている。塁審は脇谷の背中でボールが落ちたところが見えていなかったにも関わらず、脇谷のアピールを認めてアウトとしたわけである。

抗議しても結果は覆らない」と言って普段滅多に抗議しなかった当時の阪神真弓監督もこの判定にはさすがにベンチを飛び出して抗議したが判定は変わらず。もしこれがアウトになっていなけれツーアウトだったこともあり二人のランナーが帰ってタイガースに2点が入っているところであった。しかもこの後の8回にジャイアンツが逆転してこの試合タイガースは負けてしまったのだからなおさらこのプレーは試合後も大きな話題に。

しかし、これだけで終わっていたのならただの誤審で話は終わっていたのだが、その後脇谷がこのプレーに関して放ったコメントが阪神ファンの心を逆なですることとなった。そのコメントが「捕りましたよ。自分の中ではスレスレのところでやってますから。VTR?テレビの映りが悪いんじゃないですか」というもの。

さすがに本人は落球したことはわかっているはずなのに「スポーツマンシップ」や「巨人軍は紳士たれ」なんていう言葉はどこにいったのかと阪神ファンのみならず巨人ファンを含め多くの野球ファンから反感を買うことに。阪神ファンからは試合中に「脇谷ー!テレビこうてくれー!!」と野次られ、2chでもよく使われている。

脇谷が言った元のコメントは「テレビの映りが悪いんじゃないですか」というものだったが、なぜかこれが「テレビが壊れてるんじゃないですか」と改変されて書かれることが多い。

なお、この翌月脇谷は打撃不振で二軍落ち、7月には右手有鉤骨を骨折、オフには自由契約となり育成選手として再契約ということになるなど、この発言でバチが当たったんだとも言われている。