ぷるんぷるん天国

読み : プルンプルンテンゴク

「ぷるんぷるん天国」とは、なぜか口に出して言いたくなる言葉。
プリンやゼリーなどぷるぷるしている物を指して使ってもよい。
「ぷる天」と略されることも。

ぷるんぷるん天国の元ネタ

「ぷるんぷるん天国」の元ネタは、アニメ『SHIROBAKO』の劇中に登場するアニメの作品名
『SHIROBAKO』は架空のアニメ制作会社・武蔵野アニメーションを舞台としたオリジナルアニメ。
『ぷるんぷるん天国』は同社のアニメ監督・木下誠一が過去に手掛けた作品である。

SHIROBAKOの意味・由来
アニメ『SHIROBAKO』

この『ぷるんぷるん天国』は低予算と厳しいスケジュールの中で制作されたため、作画崩壊や3度も総集編を放送するなどいろいろやらかしてしまった。
特に第9話での作画崩壊は伝説となり、ネット上(作中)では「ぷるキュー(ぷるんぷるん天国の第9話の略)」というネット用語まで生み出した。

さらに「ぷるキューライン」「ぷるキュー越え」といった作画崩壊アニメを指すネット用語や、アニメ制作の現場では作画が崩れることを「ぷるんぷるんしちゃう」と表現するなど揶揄する言葉として使われている。
「ぷるんぷるんしちゃう」と聞くとエッチな意味を想像してしまうが、作中では「ぷるんぷるん」=「作画崩壊」と認識されている。

ネットでも大荒れで、公式サイトのコメント欄には罵詈雑言が多数書き込まれため閉鎖したところDoS攻撃をくらってサイトが停止し、イベントでもやらかして評判は散々な結果に。

やらかしてしまった『ぷるんぷるん天国』は当然のことながら悪い意味でアニメ業界で伝説となり、監督の木下誠一はしばらくテレビアニメから干されることとなった。
ちなみに、木下誠一の容姿はアニメ監督の水島精二がモデルとなっている。

これが伝説の『ぷるんぷるん天国』作画崩壊シーン

現実のアニメでも作画崩壊は起きている。
『夜明け前より瑠璃色な 〜Crescent Love〜』で描かれたキャベツ、『ロスト・ユニバース』のヤシガニなどが有名。
キャベツとヤシガニは別記事で詳しく解説。

キャベツ(夜明け前より瑠璃色な)の元ネタ
ヤシガニの由来・意味